【告知】受難と復活を覚える夕べ

受難と復活を覚える夕べ
受難と復活を覚える夕べ

今年の教会暦では、キリストが十字架上で息を引き取られた受苦日が4月19日㊎、キリストが復活されたイースターが4月21日㊐となっています。

鹿児島加治屋町教会では、ちょうどこの機会にスイスから来日するローザンヌ音楽院の生徒たちを招いて、美しい音楽に耳を傾けながら、主の十字架と復活を黙想する時をもつことにしました。

貴重な機会、お誘いあわせの上ご参加くださいますよう、ご案内いたします。

受難と復活を覚える夕べ
受難と復活を覚える夕べ

演奏家

Gabriel Kreis (Piano) ガブリエル・クライス(ピアノ)
Gabriel Kreis (Piano)
ガブリエル・クライス(ピアノ) 
Karl Erb (Cello) カルル・エルブ(チェロ)
Karl Erb (Cello)
カルル・エルブ(チェロ)
Matteo Tucci (Piano) マテオ・トゥッチ(ピアノ)
Matteo Tucci (Piano)
マテオ・トゥッチ(ピアノ)
Samuel Gogniat (Marimba) サミュエル・ゴニャ(マリンバ)
Samuel Gogniat (Marimba)
サミュエル・ゴニャ(マリンバ)

開催概要

  • 開催日: 2019年4月19日㊎
  • 会場: 鹿児島加治屋町教会 礼拝堂
  • 開演: 18:00
    • メッセージ「受難から復活へ」松本敏之牧師
    • パイプオルガン、ピアノ、マリンバ演奏
  • 入場無料 ※席上自由献金あり
  • お問い合わせ: 099-233-7285

会場アクセス

関連リンク

ローザンヌ音楽院

  • HEMU
    ローザンヌ高等音楽院/Haute École de Musique de Lausanne
  • Conservatoire
    音楽、舞踊、演劇、工芸技術などの文化的価値を保持し教育する文化保全機関。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です